コンシダーマル 浸透効果

 

コンシダーマルスキンライズローションが美容成分もUPして今リニューアルされたことで話題です。コンシダーマルの化粧品といえば一番注目されていることが世界でも話題のラメラ構造に着目したラメラテクノロジーを主とした浸透技術。

 

 

化粧品は美容成分を含んでいるのはどれも当たり前ですが、その美容成分がしっかりお肌に浸透しなければ意味がないですね。コンシダーマルの浸透技術は皮膚臨床薬理研究所と共同開発した肌のラメラ構造に着目した化粧品ということで、無数にある化粧品の中でもその効果に着目されています。化粧品の浸透力は齢を重ねれば重ねていくほどお肌がガサガサのゴワゴワになり肌に美容成分が行き通りにくくなると言われていますね。

 

 

年々お肌のターンオーバーも長くなりますし、保水、保湿も年々衰えて肌バリアも低下するのは自然の摂理なのでしかたないことです。ただ、それでもお肌をなるべく長く綺麗に保ちたいと思う人の方が多いと思います。私もやはり齢を重ねていくにつれ、ふと自分の顔を鏡で素の状態で見ると、「老けちゃったなぁ…」と思います。気分はまだ20代のつもりでも時はドンドン経過していくものですね。それでもお肌を綺麗にしておけば、そんな見た目も改善は十分だと思いますし、気持ちの上でも大分楽になると思います。今の化粧品で肌が馴染まない人や化粧のノリが悪くなってきた人はご覧ください。

 

 

コンシダーマルの浸透効果について

 

 

年齢を重ねていくうちに、お肌の手入れとして変化が訪れるのは「お肌の劣化」によるものですね。
やはり齢とともにお肌が衰えていき、ゴワゴワやガサガサの肌の乱れが影響である時を境に一気に顔が老け出す人も多いと思います。

 

齢の変化による顔の老け具合は環境や生活習慣やスキンケアによって多少変化に違いはあると感じますが、やはり20代後半〜30代前半でほぼ間違いなく「ガクッと肌が老け込む時期」があるように思えます。

 

このようなタイミングの前後は今までのスキンケアも一度見直すタイミングだと思います。

 

そういった中コンシダーマルローションは深層ケアとしてラメラテクノロジーを採用した技術を用いて、他の化粧品とは違い浸ける事によってお肌に対する効果の表れがより強く期待されています。

 

ラメラテクノロジーとは?

 

コンシダーマルはラメラテクノロジーが注目されて、従来の化粧品よりも肌効果の期待がされています。

 

そして、ラメラテクノロジーとは肌のラメラ構造上に並んでいる細胞に近い構造で作られた化粧品という意味になります。

 

図のようにラメラ構造が正常な場合が左。
ラメラ構造が乱れてデコボコになっている状態が右。

 

このようにお肌の細胞は目に見えなくても人によってバラつきはあります。
そして、このラメラ構造は加齢とともにどんどん崩れていく傾向にあります。

 

赤ちゃん肌が一番の理想的なラメラ構造の肌

 

正常なラメラ構造はやはり生まれて間もない赤ちゃんの時が一番理想的だと言われています。
赤ちゃんのお肌は触れば、すぐにわかるように全然肌の質感が違いますね。

 

この時が一番お肌が潤い鮮度やツヤ、ハリが良いですね。

 

しかし

 

赤ちゃんのお肌は「水分量」「皮脂量」が多くて、肌がキレイな状態を保っているわけではないようです。
図のように肌の水分量や皮脂量は成人と比べると3分の1程度。

 

つまり

 

私たちが普段おこなっている「保水、保湿を目的としたスキンケアだけではお肌のキメやハリ、モチモチ感を再現できない、肌の状態が良くならない」ということがわかります。

 

 

このヒントから保水や保湿以外に着目し、赤ちゃんの肌状態のラメラ構造に着目しコンシダーマルのスキンケア化粧品の開発に取り組んでいったようです。

 

ラメラ構造とは、肌は拡大すると、レンガや地層、ミルフィーユのように階層ごとに色々な成分並んでいる。これは規則正しくキレイに並んでいる状態が理想。細胞間脂質、角層細胞、コラーゲン、ヒアルロン酸、水分、スフィンゴ脂質が整っているほど肌に栄養が行き通りやすく美肌へのカギにも繋がる

 

ラメラテクノロジーを皮膚臨床薬理研究所と開発

 

 

このラメラテクノロジーという技術は日本はもちろん、アメリカ、フランス、ヨーロッパ各国が注目している技術と言われています。

 

ただ、やはりこのラメラ構造に沿ったスキンケア化粧品を作るには皮膚臨床薬理研究所とともに長年の研究をして作られたようでその効果には相当期待できると感じます。

 

 

私もスキンケア化粧品の情報は色々とアンテナを張って見ていますが、ラメラ構造をしっかりと研究して作られた化粧品というのはまだまだ少ないのが現実ですし、「コンシダーマルスキンライズローション」は特許を取得して作られた先端技術なので信用性も非常に高い化粧品だと言えます。

 

コンシダーマルスキンライズローションは肌構造を理解し肌成分をより深く浸透させている

 

 

肌成分でもコンシダーマルはしっかりと構造を理解したうえで美容成分を含んでいます。

スクワラン(皮脂)
セラミド(細胞間脂質)
アミノ酸・ミネラル(NMF)
コラーゲン・ヒアルロン酸(真皮構成成分)

 

その上で肌構造を理解したうえで「より深く確実に肌へ浸透させる」ために作られた化粧品と言えますね。

 

コンシダーマルの浸透はどのように肌へ入っていくの?

 

コンシダーマルはどのように肌へ浸透していくのかイマイチ分かりにくい人は下記の図をご覧ください。

 

 

まずラメラ構造の乱れ(肌の階層)が崩れた状態だと肌の回復力に直結するターンオーバーが遅くなり、それによりバリア機能も低下し肌が外部刺激によるダメージも受けやすくなる他スキンケア成分を注入しても効果が現れにくい状態になっていると言えます。

 

それをコンシダーマルを塗ることによって、一般的な化粧品よりでは肌に浸透しにくかった肌細胞もラメラ構造によって美容成分が浸透しやすくなるといわれています。

 

そして、ある程度まで浸透してしまえば「ラップ効果」よって成分も蒸発しにくいと言えます。
(※ラップ効果⇒水、油、水、油、水…の順で肌細胞が上から統制されているので深く染み込んで行けば美容成分が蒸発されにくい)

 

このようにコンシダーマルの成分を浸透させれば、肌に潤いが長く保つプラスラメラ構造によってすんなり細胞間の隙間をスルスルと通っていきやすいので相乗効果が生まれていくと言えます。

 

コンシダーマルは美容成分もキチッと考えて作られている

 

 

更に研究を元にラメラ構造だけにコンシダーマルが特化しているわけではないようです。
肌研究の成果から30種の美容成分もしっかりと厳選して含ませています。

 

意外にもコンシダーマルスキンライズローションはオールインワン?

 

 

コンシダーマルは液体状なので、多くても化粧水と美容液、導入液の役割だと最初思っている人も多いと思いますが実はオールインワン化粧品として6役を担っています。
正直、かなり非の打ち所のない化粧品だと感じます。

 

ただスキンケアはそれでも年齢に応じて乳液やクリームなどの保湿は気になる人は塗ったほうが個人的には良いと思います。
さらにフタをしてあげることよりスキンケア効果が高まると考えられます。

 

コンシダーマルは3種類の購入方法を選べる

 

コンシダーマルは「プレミアム」「スタンダード」「通常」の3種の購入方法があります。
それぞれ特長しては…

 

購入方法 金額 解約

その他

プレミアム 初回2268円:2回目以降4980円 3回以上使ってから解約可 90日間返金保証
スタンダード 初回3456円:2回目以降4980円 2回以上使ってから解約可 なし
通常 4980円+送料600円 いつでも可 なし

 

上記のようにコンシダーマルの購入方法については買い方に違いがあります。

 

 

化粧品は基本的には3ヶ月以上は使わないと肌が目に見えて効果が現れるのはほとんどないと言われています。
私もそれは経験上感じています。

 

しかし、初めてだから1回だけ使いたいと言う人は通常購入が良いと思います。

 

コンシダーマルは名実ともに素晴らしい可能性を秘めた化粧品と言えますので、今使用している化粧品の効き目が悪くなったと言う人は試してみる価値は高い化粧品だと感じます。

page top